MRのこと

【元MRが教える】MRってどんなことしてるの?

薬剤師転職サイトによく「MRってこんな仕事!」みたいな記事があるんですが、MR経験者が書いた記事は意外と少ないので、私の実際の経験を踏まえて記事にしてみたいと思います。

みかんちゃん
みかんちゃん

MRって超大変そうなイメージ。給料は良さそうだけど。

Yukiko
Yukiko

私もよく言われたな、それ 笑

MRってなに?

MRとはMedical Representativeの略で、製薬会社の営業職のことです。
海外に来て、こちらの友人にMRの語源を説明してもピンと来なかったようなので、英語としてもそんなにメジャーな言葉じゃないのかも。

MRの仕事

MRの役割

自社製品のスペシャリストとして、医師や薬剤師から薬の使用経験などの情報を集めて、会社にフィードバックし、さらに会社からの情報を医療関係者に伝えることです。

もちろん自社製品の売り上げを伸ばすことも、会社員としてのMRの大切な役割。営業職ですからね。

ただ、大前提として、製薬会社はこのMRによる情報収集・提供を通じて、医師からの信頼アップ=薬の売り上げアップを目指していることをお忘れなく。
信頼アップ→売り上げアップのよいサイクルをうまく作っていけるMRが、優秀なMRとして評価されるのです。

MRのタイプ

一口にMRといっても、担当領域や担当する医療機関によって仕事は大きく異なります。
担当の振り分け方も会社によって変わりますが、一般的には医療領域もしくはエリアで振り分けられることが多いです。

領域別MR

扱う製品が限定されているタイプのMR。
具体的な領域として、オンコロジー(がん領域)、中枢系などが挙げられます。
高度な専門知識が求められることが多く、MRとしての基本スキルに加えて、相当勉強熱心であることが求められます。

エリア別MR

都道府県、市町村など、エリアをベースとした担当の持ち方をするMR。
さらに、大学病院や地域の基幹病院、開業医といった医療機関をベースに担当が細分化されることが一般的です。
このタイプのMRは、プライマリー領域という、町の開業医やかかりつけ医によって提供される医療分野をカバーしています。

MRの待遇

これも会社によりますが、成果主義の色が強い会社の場合は30代で年収1,000万を超えてしまうことも珍しくありません。
一般的な年収は600〜1,500万程度ですね。

ただ、製薬会社は他業界に比べて、ダントツに福利厚生が恵まれているという特徴もあり。
営業手当はもちろんのこと、家賃補助も手厚いことが多いです。

私も会社を辞めてから気づきましたが、この手厚い福利厚生のおかげで、MRの生活レベルは実際の収入以上という印象があります。

MRに向いている人・向いていない人

向いている人

泥臭い営業も耐えられる人(気持ちの切り替えが上手な人)
継続的な勉強を続けられる人
体力的・精神的にタフな人
自己管理がきちんとできる人

向いていない人

上記の逆・・・笑
MRは忙しい医師を相手に、いかに話を聞いてもらえるかが大切なので、プライドが異様に高い人とかも厳しいです。

私がMRをして得られたこと。

私は新卒で国内内資系の製薬会社に就職し、MRとして地方で働きました。
そこで得られたことは数え切れませんが、特にMRをして良かったなと思ったのは、どんな人とでも失礼なく接するスキルと、問題解決への行動力

これはホント、今でも役に立ってます!!
こういうスキルがあると、どこでも働いていけるような不思議な自信がつくんですよね。

これ以外にも、働くことに対する基本的なスキルはMRをすることで、ほとんどすべて身につきます。

なので、新卒で医療業界を目指す人には特にオススメします。
医師や薬剤師だけでなく、医薬品卸など、医療業界のすべての職種と仕事ができるし、ちょっと大変だけど、若いうちにビジネススキルを身につけるための貴重なチャンスが溢れている仕事だから。