仕事のこと

薬剤師の将来性に不安?生き残れるのはこんな薬剤師だよね

  • 将来、薬剤師はなくなる?
  • これから薬剤師になろうと思っているけど、本当に大丈夫?

こんな不安を抱えている薬剤師や、これから薬剤師になろうとしている方に向けたヒントをまとめました。

薬剤師はもういらない?どうなる薬剤師?

世の中の声
世の中の声
薬剤師なんて、いらない。
薬局なんて、いらない。

こういう声、聞いたことありますよね。マジメに働いている薬剤師にとって、これはホントに辛い言葉。

そもそも、問題は今までの薬剤師の仕事があまりに日陰すぎたことです。

一般の人がどれくらい薬剤師の仕事を知っていますか?
薬局で処方箋どおりに薬を揃えているだけと思っている人がほとんどですよ?

まぁ、これは個人の問題ではなく、薬剤師会が大きくPRしなきゃいけないことですけどね。
本当に真摯に仕事と向き合っている薬剤師さんは山ほどいるんですから。

そのうえ、日々刻々と変化している医療業界。
AIの導入や、非薬剤師が行える業務内容の緩和などで、薬剤師の仕事はどんどん減っていくことは、誰の目にも明らかです。

これから生き残る薬剤師はこんなひと

yakuzaishi
薬剤師の仕事が少なくなるといいましたが、これは「単純作業」に限ります。すなわち、誰でもできる仕事がなくなるということ。

実はコレ、薬剤師が本来やるべき仕事に集中できるというありがたい側面が大きいんですよね。
言い換えると、薬剤師という資格があるだけのナマケモノ薬剤師は淘汰されるってことでもある。

では、ここから本題です。
これからも生き残っていける薬剤師とはどんな人でしょうか。
それはスバリ、患者さんにとって価値ある仕事を作り続けられる薬剤師

 

患者さんが

  • わざわざ薬局までくる「理由」
  • 薬局でお金を払おうと思える「理由」

を一つでも多く作ることができる薬剤師のことです。

 

この理由は、当然患者さんによって違います。
医療のプロフェッショナルな知識を求める人もいれば、ほっと安心できるコミュニケーションで癒されたい人もいる。

それぞれの患者さんが求めるニーズを察知し、それに合わせた姿勢でぴったりの提案ができるよう努力する。
そんな能力を持った薬剤師。

薬局経営者だったら、絶対に欲しい人材です。
つまり、これからも引く手あまたということ。

Yuki
Yuki
本当の意味で「食いっぱぐれない薬剤師」とは、こういう思考回路ができている人のことだと思う。

トライしたい!価値ある薬剤師の仕事ってこんなこと

では、具体的にどんなことをできれば価値を感じてもらえるのでしょうか。

Yuki
Yuki
私が考えた具体例を紹介するね

<価値ある薬剤師の仕事の具体例>

  • 「気づき」を与えられる服薬指導
  • 患者さんのセルフメディケーションのサポート

「気づき」を与えられる服薬指導

症状や検査値を聞いて「そうですか」で終わるのではなく、

励ます薬剤師
励ます薬剤師
「検査値が○○くらいまでになったら、体のだるさが和らいできますよ」
ほめる薬剤師
ほめる薬剤師
「血圧が落ち着いてきていますね。しっかり薬を飲んでいる成果が出てきましたね。」

など、治療のゴールのイメージや治療の意義を理解してもらえるよう、具体的でわかりやすいアドバイスを心がけてみましょう。

Yuki
Yuki
真面目に治療に励んでいる患者さんほど、医療の専門家からの具体的な励ましやほめ言葉の威力は絶大!

患者さんのセルフメディケーションのサポート

Yuki
Yuki
セルフメディケーションのサポート、特にOTC(市販薬)の情報提供こそ、薬剤師の本領を発揮できる仕事だよね!

医師は市販薬には疎いことがほとんどだし、登録販売者は医療用医薬品についての専門知識はありません。医療知識を背景にOTCのアドバイスができるのは薬剤師だけなんですから。

服薬指導+健康指導なんて合わせ技だって、薬剤師なら可能です。

OTCの情報提供として例を挙げると、

  1. 処方されている薬との飲み合わせについて
  2. 軽度の症状の患者さんには処方薬と同じ成分が含まれる市販薬も紹介する

などなど。

特に2については「これくらいだったら、病院に行かなくても市販薬で様子を見て大丈夫ですよ」という「これくらい」を具体的に伝えることがポイント。
素人ではない薬剤師の意見なら、患者さんも安心するはずです。
もちろん、病院に行くべき目安も忘れずに伝えましょうね。

薬剤師も患者さんのニーズにもっと敏感になろう!

これらの案はほんの一部。もっと優れたアイディアはたくさんあります。事実、優秀な方は、患者さんのニーズに常にアンテナを張り、ニーズに気づくと即行動を実践していますよ。

Yuki
Yuki
患者さんの病院へ行く「時間」と「体力」と「お金」を減らすことができたら、薬剤師の評価は高まること間違いなしです!