仕事のこと

【2019年】薬剤師の在宅ワーク@海外

「モロッコでも薬剤師の経験を活かした働き方をしたい」と決めてから、この1週間は情報収集をしていました。

在宅ワークに関しては、モロッコに来る前に色々と調べたことがあるのですが、この1,2年で環境は大きく変わっていますね!

今回、私が調べた在宅ワークの情報をまとめてみました。同じような環境にいる方の参考になれば嬉しいです。

Webライティング(記事執筆)

 ランサーズ

以前から登録していたサイト。ここで見つけた医療系メディアで約1年間継続執筆した経験もあり。

1年ぶりくらいにサイトを開きましたが、だいぶアップデートされているみたいですね。

案件が豊富なのが魅力ですが、契約時の報酬を決めるやりとりがイマイチわかりにくいのが残念。

 クラウドワークス

クラウドワークスも、クラウドソーシングでは老舗のサイトです。有名なサイトなので、在宅ワークをしている人なら誰でも知っているのでは。

今回、ランサーズに加えて、このサイトも登録してみることにしました。

ブログ運営

真面目にやることにしました 笑

収益になるかどうかは別として、海外在住でビジネスを確立していくまでの私自身の記録になるし、広い視野を持ったこれからの若者たちに役立つ情報になるかもしれないから。

今回、情報収集のためにネットサーフィンしてみて驚いたのが、若い薬剤師の人が積極的に自らをブランディングして、情報発信をしていること。

新しい薬剤師ブログがどんどん増えています。

さらに内容に注目してみると、変化は明らかです。

数年前まで、薬剤師のブログは薬の情報や勉強に関わるものだけだったのに対して、今は薬剤師の新しい働き方について情報発信している人が多い。そして、それらはとっても興味深い!

若い人たちに良い刺激をもらったので、私も自分の経験を情報発信して少しでもお役に立てれば。

今はそんなふうに考えています。

医療相談

 Doctors Me

医療の専門家がインターネット上で24時間相談対応しているサイト。

ここに薬剤師として登録してみました。

Doctors Meのホームページはこちら

プロフィール登録まで1週間くらい時間がかかるそうで、今はそれを待っているところです。

まだ詳細はわかりませんが、医療相談はシフト制になっており、今は医師や薬剤師の登録が増えているので、たくさんのシフトに入ることが難しいとのこと。

ここでも、医師や薬剤師の間でも副業や在宅ワークへの関心が高まっていることをヒシヒシと感じました。

番外編 ダイエット家庭教師

FiNC(フィンク)ダイエット家庭教師では、医療関係の有資格者がダイエットを個人的にサポートしてくれるサービスを提供しています。


毎食ごとに何を食べたかチャットで報告して、家庭教師がそれについて評価・コメントするというもの。

考え方も面白く、ぜひやってみたいと思ったのですが、海外在住を理由に断られてしまいました。

営業時間中はお客様からのコメントに常に即返信ができないといけないそう。時差がある海外だと睡眠時間を削るでもしないと無理、というわけで断念。

日本にいる薬剤師の在宅ワークとしては、オススメですよ。

まとめ

日本では、昨年は副業元年と言われる年だったそうですね。

今や終身雇用なんていう考え方はほとんどなくなり、みんなが個々の「働くスキルをいかに上げるか」という意識にシフトしていることが強く感じられました。

このような流れの中で、薬剤師と言えど在宅ワークは決して楽に見つかるものではなく、ライバルが年々増えていくことも明らかです。薬剤師プラスαのスキルは今まで以上に必要になっていくでしょうね。

在宅ワークを取り巻く環境も、これからますます変化していくはず。

そのスピードに取り残されないよう、常にアンテナを貼っておく必要がありそうです。