在宅ワークが気になる人へ

【薬剤師の勉強法】在宅ワークでも知識をアップデートできる?

「在宅ワークだと、薬剤師として必要な知識が得られなくなるのでは」と不安を感じる方も多いでしょう。

結論から言うと、薬剤師として一般常識レベルの知識は、在宅ワークでも学習可能です。

有希野ユキ
有希野ユキ
この記事では、在宅ワークでも知識を維持できる理由と具体的な方法についてご紹介します。

薬剤師の知識アップデートにおける一般事情

病院や薬局などの現場で働いていれば、特に意識しなくても自然と医療情報は入ってきますよね。
学会や情報雑誌、訪問MRとの会話・・・などなど。

これらの何がありがたいかと言うと、情報そのものはもちろんのこと、「医療業界で今、注目されている旬の話題」がわかることです。

きっと勤務薬剤師の方は
「あー、〇〇について勉強しなきゃなぁ」
と思うことはあっても、

「あー、何を勉強していいかわからん!!」
とはならないでしょう。

このように新しい情報が常に入ってくる環境にいると、特に意識しなくても勉強すべき事柄がはっきりするのです。

ちなみに勉強すべき事柄とは、前述の「医療業界で今、注目されている旬の話題」のこと。

学生とは違い、時間に限りがある社会人ですから、
効率よく知識をアップデートするには、「旬の話題」を優先的に勉強する作戦が効果的です。
膨大な医療情報を手当たり次第学んでいては、時間がいくらあっても足りませんから。

まずは、直近の業務に関わりそうなことから理解を深め、それを繰り返して知識を増やしていく。
もちろん個人によって差はありますが、一般的に薬剤師の知識アップデートはこんな感じの人が多いでしょう。

在宅ワークでも知識のアップデートが可能な理由

一方、在宅ワークの薬剤師の場合はどうでしょうか。
自宅での知識アップデートで困るのは、「旬な話題」がわかりにくくなることでしょう。
在宅ワークになると、情報誌や勉強会などの、今まで当たり前にあった情報源がなくなってしまいますから。

しかし、だからと言って在宅ワークで「旬な話題」に触れる機会がないわけではありません。
家にいながら旬な話題を仕入れることは、工夫次第で十分可能です。

その理由は、インターネットにおける医療情報の質と量が年々増しているから。
薬剤師にとっての旬な話題も、すべてオンラインでキャッチすることができるのです。

有希野ユキ
有希野ユキ
ありがたい時代になりました。

在宅ワークにおける「勉強すべきネタ」の収集法

私が実践している方法は2つあります。
1つ目はオンライン相談の在宅ワークをすること、2つ目はインターネット資源をフル活用することです。

有希野ユキ
有希野ユキ
順番にご紹介しますね。

オンライン相談の仕事で知識アップデート

まず、試したいのがオンライン相談の仕事を在宅ワークとしてやってみること

医療系のオンライン相談サービスは徐々に広まりつつあり、薬剤師が対応する「オンラインお薬相談」の仕事も存在しています。
代表的なものとしては、Doctors Meや、漢方系のお薬相談サービス(わたし漢方など)が挙げられるでしょう。

オンライン相談の仕事の良いところは、患者さんの生の声を聞けること。
薬剤師の方なら賛同していただけるかと思いますが、患者さんとのコミュニケーションって気づきの宝庫ですよね。
何気ない患者さんとのやり取りをきっかけに、知識が増えることもよくあります。

私もこの仕事をしているのですが、患者さんの併用薬に見慣れない薬があって調べてみたところ、
最近発売された新薬だったと言うこともありました。

オンライン相談の仕事は求人が少ないことがネックではありますが、薬剤師スキルの維持を重視する方にはおすすめできる在宅ワークです。

インターネット資源をフル活用

薬剤師の知識アップデートでも、活用すべきはインターネット!です。
企業が運営する医療情報サイトや、薬剤師が監修するブログも増えているので、活用しない手はありません。

私が主に利用しているのは、Twitterです。
薬剤師はもちろん、医師やMRのアカウントもたくさんあり、専門的な内容のツイートも豊富です。

まだTwitterを利用していない場合は、ぜひ覗いてみてください。
情報の速さにびっくりしますよ。

有希野ユキ
有希野ユキ
役立つ医療情報を積極的に発信している人がたくさんいるので、フォローしてみましょう!

ただ、医療従事者を名乗るアカウントでも、怪しい人もチラホラいるので注意も必要です。
明らかな医療的間違いをつぶやいている場合は、他の医療従事者からツッコミが入るので比較的安心ではあるのですが。

初めて見るアカウントの場合は、その人のタイムラインや他の人への返信をチェックしてみてください。
ある程度、その人が信頼できるかどうかの判断ができますよ。

「旬な話題」を仕入れた後の勉強法

「旬な話題」を仕入れたら、関連情報まで含めて、しっかり勉強しましょう。

私がよく勉強に使うのは、本。
なんだかんだ言って、やっぱり本が一番信用できるんですよね。

とは言えいくらでも買えるわけじゃないので、基礎情報はあらかじめM3.comや医療情報を扱うサイトで確認します。

有希野ユキ
有希野ユキ
サイトだけでは知識が不十分だな・・・と感じる場合に本を購入して読む感じですね。

流れをまとめると、こんな感じです。

ネタのキーワードでGoogle検索
   ↓
医療情報サイトで基礎を確認
   ↓
情報不足なら本を購入

ちなみに私は海外ノマドなので、本はもっぱらKindleです。
専門書でも電子書籍化が進んできていますが、まだまだ少ないのが悩み。

有希野ユキ
有希野ユキ
Kindleで電子書籍化のリクエストを送りまくってます。
願いが早く叶いますように(笑)

まとめ

在宅ワークでも、薬剤師の知識アップデートは可能です。
家でも情報収集ができるようになると、育休などによるブランクへの不安も軽くなりますよ。
薬剤師のスキルの一つとして、オンラインでの知識アップデート方法も身につけちゃいましょう!