海外生活

薬剤師が愛用☆海外に持ってきて良かった日本の市販薬

海外に行くとなると、安心できる日本のものを持って行きたくなりますよね。特に、お薬!

使い慣れたものが一番だし、海外に行って同じものが手に入るかどうかわからないし。

海外旅行の度に、ついつい買いすぎちゃう、なんて言う人もいるのでは?

 

実は薬剤師である私も例に漏れず、たくさん日本から市販薬を持ってきています。

何が必要で、何がいらないか、って実際に現地で生活してみないとわからないもの。

私もモロッコ生活を1年半してみて、日本で買わないといけないものとそうでないものがぼんやりわかってきた感じです。

 

この記事では、この1年半で実際に「あって良かった〜!」と思ったお薬をご紹介します。

海外旅行や海外生活のお買い物の参考になれば☆

これは欠かせない!必須おくすりTOP3

ロキソニンS

いまや超有名な鎮痛剤ですよね。

飲んで30分もすれば痛みが落ち着くので、助かります。

頭痛のときはもちろん、生理痛や他の痛みに対しても使えるので重宝しますよ。

ちなみに、ジェネリックはこちら。私はいつも薬局でこっちを買っています。


【第1類医薬品】ロキソプロフェン錠「クニヒロ」 12錠 ※セルフメディケーション税制対象商品

セイロガン糖衣A

私も子供の頃からお腹が痛くなるとすぐに飲まされていました。

本来、下痢は、体が自分で良くないものを外に出す防衛反応なので、あまり止めない方が良いと言われています。

食あたりや感染症が疑われるときは特に。

セイロガンの良いところは、無理に下痢を止めすぎないところ。

大腸の水分のバランスを整えて、下痢やそれに伴う腹痛を穏やかに抑えてくれます。

葛根湯

風邪の引き始め、特に汗をまだかいていないときに飲むのが良いとされています。

葛根湯は体温を上げて抵抗力を高める作用がありますからね。

飲むときは、お湯と一緒に飲むのがオススメですよー。

あと、おなかが空いているときに飲むのも、効果を高める大切なポイント!

 

ちなみに・・・

葛根湯は商品によって生薬量が違うことを知っていますか?

 

私は葛根湯に関しては、「満量処方」の製品を使っています。

満量処方とは、日本薬局方で定められた葛根湯25gから抽出されたエキスを100%配合した処方のこと。つまり、最大量の葛根湯が入っている商品で効果が高いということです。

 

ながーく飲み続ける薬なら1/2処方とかの方が良いと思いますが、葛根湯を飲むのは風邪のときの数日間だけということがほとんどでは。

短期間でしっかり効果が出てほしい薬なので、葛根湯は満量処方がおすすめです。

あると安心なおくすりTOP3

フルコートF

ステロイドの塗り薬です。

虫刺されとかで、腫れがひどいときに使うと効果的。

ステロイドといっても、全ステロイドの中で真ん中くらいの強さのもので、しかも外用剤なので安心して使えるものになります。

でも、皮膚の薄いところは避けた方がいいので、顔や小さなお子さんには使用を控えてくださいね

 

新ウナコーワクール

 

 

効果が高いフルコートに対して、全身使えるタイプなのがこの新ウナコーワクール。

ウナシリーズもいろいろ種類があるので、名前に注意して間違わないようにしてくださいね。

 

新ウナコーワクールは、ステロイドを含まないかゆみ止めです。

かゆみを抑える成分が二種類入っていて、非ステロイドでも効果的な処方になっています。

気軽に使えるので、かゆみを感じたら掻いちゃう前に塗っておきましょう。

タイレノール

これ、ロキソニンと同じく鎮痛薬なのですが、安全性が高いタイプになります。

特に女性で妊娠を考えている方には、オススメです。

実際に医療現場でも、妊婦さんに止むを得ず鎮痛剤を使うときは、これと同じ成分の鎮痛剤が処方されています。

妊娠したかも・・・というときに役立つかも。

乳幼児のおくすりで役に立ったものTOP3

ムヒベビー

非ステロイドのかゆみ止め。

赤ちゃん用に有効成分が少なめの処方になっています。

オムツかぶれにも安心して使えますよ。

抗菌目薬

うちの息子は体調が悪いと、よく目やにを出します。

そんなときに使うのが、これ。

アイリスの抗菌目薬は、一本使い切りタイプで無駄がないのでオススメです。

咳止めシロップ

基本的に風邪薬は不要なものだと思っているので、私は子どもに風邪薬をあまり飲ませません。

でも、咳がひどいときは眠れなくてかわいそうなときもあるので、そんなときは咳止めシロップを飲ませます。

ただ、これにはひとつだけ困ったところも。

それは、甘くておいしいところ 笑

一度あげると、息子が「もっとくれ!」とねだってきて、うるさい・・・!

まとめ

こうやってまとめてみると、意外と使っている薬が少ないことに気づきました。

これもいるかも、あれもいるかも、とたくさん日本で買い漁ってきましたが、無駄でしたね 笑

次の一時帰国のときには買いすぎないように気をつけよ。